近年クレマチスを育て上げる件にはまっている。

過日、大きな植物公園に行った際に花屋ちゃんがあり、並んでいる花を見ていました。そしたらそっちの店員さんがクレマチスの鉢を指さして「ゼロ鉢1500円だけど、つぼみも少なくなってきたし、2鉢1500円でいいよ」と言いました。前からクレマチスには期待があったものの、育てたことはなかったので迷いましたが、安さに負けて衝動買いを通じてしまいました。
2株買って帰ってきましたが、育て方が分からずネットで調べたり、書屋で散々教科書を借りてきて急いで学習しました。
花後のセレクトを施して、一回り大きい鉢に植えかえたのですが、それが意外と面倒でした。クレマチスは地上からでている旧枝が枯れ枝のように竹串のように細かくぽほとんど折れ易いのです。しかも、つる性植物なのでぐるぐるってからまっているので、それを折れないようにほどくのが一大作業でした。それを何とか新しい鉢のオベリスクに絡ませ終えた時折心底感激しました。調べれば見定めるほど、多くの種々があるようで、種々ごとに育て方も違うようで、学習の四六時中だ。クレマチスは種々を通じて四季咲き性があり、通年何度か花を見せてくれるようなので、年々眺めては新芽が出てくるのが待ち遠しいです。顎ニキビが治らない!ひどい顎下ニキビの原因と治し方